リキッド式電子タバコで減煙、禁煙を目指す

愛煙家にとってタバコを止めることは非常に難しく、たとえ1日我慢出来たとしても継続して禁煙できるかと問われれば多くの方が無理と答えるでしょう。どうしてもタバコを止めたいのであれば、まずタバコを止めるのではなく吸う本数を減らす、減煙という目標を掲げることで次第に本数を減らしていき最終的に禁煙できる可能性も高まります。どうしても口寂しい時に重宝するアイテムとして人気なのが電子タバコ、国内でも気軽に入手可能でリキッド式の電子タバコが主流となっています。通常のタバコに比べ健康的であることは勿論大幅にコストを抑えて購入可能、タバコに似た風味からミント系の風味まで多彩な味が楽しめます。リキッド式は購入費用以外にも継続的にかかる費用、ランニングコストが発生するので月々に吸う本数を計算に入れてリキッドを補充しましょう。

女性も注目したい、電子タバコのリキッドの豊富さ

近年の、健康ブームの流れからか禁煙ブームがやってきて、街では分煙、禁煙が当たり前、禁煙外来のテレビCMも毎日のように流れています。喫煙者にとっては、タバコを吸いにくい時代になってきました。しかしそうは言っても、簡単に止められる訳ではありません。止められない理由には「口寂しさ」もあると言います。そこで、最近流行りだしたのが電子タバコです。吸入器に様々なフレーバーのリキッドを入れ、加熱させてできた水蒸気を吸うという仕組みです。吸入器自体にも色々なデザインがあり、アメリカではオシャレの一つとして取り入れる人も多いそうです。また、煙ではなくフルーツなどの豊富な香りが女性ゴコロをくすぐるようで、人気が高まっています。これでお気に入りの洋服が煙臭くなることもありませんね。ただ、日本で販売されているものにニコチンは含まれていないので、禁煙に効果が高いとは言い切れませんが、口寂しさを紛らわせてくれる効果は十分あるでしょう。

禁煙効果のあるリキッド式電子タバコ

電子タバコは風味のあるリッキドを加熱し蒸気を吸う、タバコに似た吸引器です。普通と同様に口にくわえて使用します。専用のカートリッジを発熱して、その蒸気を吸引することがタバコ代わりになります。タバコで使用する葉が含まれていないため、燃やす必要もなく、一酸化炭素やタールを発生しません。形もさまざまで、葉巻タバコ型や葉巻型、パイプ型などがあり、どれも構造は同じで充電式です。バッテリー、本体、リキッドを含んだカートリッジでできています。また、吸うと先端のLEDライトが赤く光ります。カートリッジにはニコチンを含むのもと、含まないものがあり、禁煙の効果があると言われています。実際にタールや一酸化炭素を身体に含まないため、タバコよりは身体への影響が少ないことです。健康への影響ははっきりとはしていません。未成年に販売することも許可されてません。